ホーム >> NPOから提供する情報 >> [NPO独自取材] NICO-kama fes 2018 開催!

NICO-kama fes 2018 開催!

3階 きらり市民会館ホールでNICO-kama fes 来場者の受付を行うスタッフ

 夏休みも終盤となる平成30年8月22日(水)ショッピングプラザ1階ときらり鎌ケ谷市民会館及びきらりホールで、NICO-kama fes 2018「えがお つなぐ×こそだて ふぇすた」が午前10時から午後4時まで開催された。

 今年で5年目となるNICO-kama fesは、朝から多くの市民が会場に来場され大変盛況であった。このイベントを主催する団体は、NICO-kama fes実行委員会で、鎌ケ谷市の子ども支援課が共催している。

 当日、急な取材申込であったが、イベント運営で大変お忙しい中、NICO-kama fes の実行委員長である榎本美紅さんが快く取材に応じていただいた。今年で5年目の開催となるNICO-kama fes も初回に比べて開催規模も大きくなり、開催場所も1階のショッピングプラザ鎌ケ谷と3階のきらり市民会館及びきらりホールを使った大規模な開催となった。今年は実行委員4名の他、ボランティアスタッフして数十名が参加して運営に当たっているとの事。

きらりホールで開催された大ビンゴ大会 体験ワークショップで楽しむ少女

 会場は大きく分けて4つのコーナーに分かれ、①ニコカマーケット:ハンドメイドの作品を展示販売 ②体験ワークショップ:親子で楽しめるワークショップ ③リラクゼーション:からだと心を整えてリラックス、リフレッシュ体験 ④フードコーナー:天然酵母パン、レストラン各店、イトーヨーカ食品館、イートインスペースも充実

家族写真のすすめ 1階のニコカマーケット 1階のニコカマーケット
キラキラなアクセサリーづくり 布小物・イラスト・アクセサリー販売 ズパゲッティバッグ輸入雑貨販売
こいのぼりトンネル オリジナルのロゼット製作と販売 かまねこぱんの販売

 その他、鎌ケ谷市の 子育て応援事業の紹介として①移動児童館 ②はいはい・よちよちレース ③赤ちゃん・幼児向け 図書館の絵本おはなし会 ④ちょこっと避難体験 ⑤おつかいすごろく! ⑥ママコンシェルジュの部屋 ⑦『英語でアート! 楽しく遊ぼう!⑦こいのぼりトンネル等が開催された。

生協の展示コーナー 生協のゲームで遊ぶ少女 CO-OPdeliの無料試食会
pal☆systemの無料試食会 ハーバリウム体験 プログラミング教室
少女も熱心に取り組むネイルチップづくり 筆文字アート ローズウインドウを作ろう♪

 また、きらりホールでは午前10時のオープニングで「ヒトヨシノビタ」&「かまたん」ショーを行い、引き続き、大ビンゴ大会、市岡元気サイエンスショー、TO BEでステージデビュー! 等が開催された。

はんこdeオリジナル巾着づくり キラキラ・バーバリューム 植物を使った飾りづくり
パステルアート なのはな生協の展示と販売 手作り品の販売

 子育て応援企業として8社(家族写真のすすめ・生活クラブ・CO-OP deli・pal★system・なのはな生協・Yakult・株式会社ブルーインテグ・ショッピングプラザ鎌ケ谷4店舗が参加をした。

市の子育て応援事業コーナー 集会室でゲームなどで遊ぶ子供たち 赤ちゃんのおむつ交換
図書館の絵本お話会(1) 図書館の絵本お話会(2) ママコンシェルジュの部屋
英語でアート!楽しく遊ぼう! 耳つぼマッサージ ゆるっと☆おむつなし育児交流会in鎌ケ谷

 市の資料によると、NICO-kama fes(ニコカマフェス)の目的は、核家族化が進むなど、子ども・子育てを取り巻く環境は大きく変化しており、子育て世代の孤立が課題となっており、そのため、「全国各地域で行われている子育て応援イベントを地元でも実施したい」、「鎌ケ谷市であれば『街で子育て』を実現できるのでは」という思いから、子育て世代の母親が集まり実行委員会を結成。

 地元の企業や趣味でものづくりをしている母親の方などに参加をしてもらい、出店者側・参加者側各々が触れ合う機会を設けることで、地域の活性化や、子育て世代同士の交流のきっかけづくりを図っている。

 事業の概要としては鎌ケ谷市内及び近隣市の子育て中の世代を主な対象として、平成26年3月にアクロスモール鎌ケ谷を会場として初回を開催し、その後平成27年3月にはショッピングプラザ鎌ケ谷にて第2回を開催、平成28年8月には会場をショッピングプラザ鎌ケ谷及びきらり鎌ケ谷市民会館へと拡大した。鎌ケ谷市は第2回には後援を行い、第3回からは共催としてイベントに参加している。

 イベントでは、市民出店の手作り品の販売、体験ブースや市民活動団体、子供向け番組のタレント等を招待したステージイベント、市の子育支援事業(児童センターブックスタートボランティアによる絵本の紹介等)を実施している。 本イベントの主催であるニコカマフェス実行委員会は子育て中の母親で構成されているため、イベントの主な対象である子育て中の母親・父親と同じ目線でイベントを実施することができる。

 大人の参加者と小さな子供連れの参加者の休憩所を分ける、ベビーカー置き場や広めの通路の確保など、子育て世代が通常イベントに参加するうえで気になる点について、細やかなところまで配慮したイベント実施をしている。

 下記の団体や行政及び企業がイベント開催に向けて協力した。
実行委員会:イベント全体の企画及び運営、広報、ステージイベント(市民団体)
行政機関:開催場所の提供、イベントの周知協力、市の子育て関係事業の出張開催
企業:開催場所の提供、イベントの周知協力

 成果としては、子育て世代の交流及び地域の活性化が図れるとともに、市の子育て支援事業のPRにも繋がっている。また、地元のイベントであることから最初の一歩として参加する方も多く、本イベントで経験と自信を得た出展者が次のステップを踏み出すきっかけにもなっている。参加者には、子育て世代だけでなく、高齢者や若者も多いため、本イベント開催のきっかけのひとつでもある『街で子育て』に向けて、多世代にわたって交流を実現できる機会ともなっている。

 今回は初めての取材であったが、NICO-kama fesが開催5年目を迎えて、市内及び周辺市から多くの子育て中の家族や子供たちがこのイベントに集まり、それぞれ興味のあるコーナーで楽しいひと時を過ごしている子供や保護者の方たちの微笑ましい姿を見ることが出来た。

レポート:S.K

pagetop