ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 3月1日号 スギ花粉症の薬物治療について

スギ花粉症の薬物治療について

 今年もスギ花粉症の季節がやってきました。症状の出始める時期は花粉症の重症度や飛散する花粉の量によって多少の時差があるものです。早い人は2月に入るとすぐに鼻のムズムズ感や目のかゆみを自覚するようになります。最近はニュース番組でスギ花粉の飛散時期を予測してくれますので、毎年症状がひどくなる方は飛散する1〜2週間前から薬物療法を先行開始するのがおすすめです。内服薬については以前のものは眠気が出るものもあり、職種によっては服薬が難しいこともありましたが、最近の新薬はこの問題が克服されつつありますので医師に相談してみてください。眠気が少ないということは薬としてより改良されたということであり、効果が薄くなるということではありません。 目薬の使用法ですが、多くの薬剤が1日3〜4回の点眼となっていますので、指定された回数を確認し、しっかりと守るようにしましょう。最新の点眼薬は目に対する刺激も少なく、使用感が良いのでとても使いやすくなっています。点鼻薬は必ずしも即効性 が実感できるとは限りませんので、毎日継続することが大切です。

鎌ケ谷医師会

pagetop