ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 5月15日号 歯周病と糖尿病の関係

歯周病と糖尿病の関係

 「歯周病は糖尿病を悪化させる」、「糖尿病が悪化すると歯周病も悪化する」ということが、近年の研究で明らかになってきています。糖尿病は体の抵抗力が下がり、さまざまな合併症を引き起こす怖い病気です。抵抗力が下がるということは、「細菌に感染しやすい」ということで、歯周病になりやすく、また治りにくくなります。さらに、糖尿病になると唾液の分泌量が減少して、口腔(こうくう)内の汚れを洗い流す作用が失われることにより、細菌の数が増えるということにつながります。歯周病も糖尿病も自覚症状が乏しく、気が付きにくい疾患です。気付いたときには手遅れになっていた、ということがないように、日頃からかかりつけ歯科医での健診を受けるようにしましょう。

健康増進課

pagetop