ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 1月15日号 あなたの身長、縮んでいませんか?

あなたの身長、縮んでいませんか?

 骨粗しょう症は、骨の中のカルシウム量の減少により骨の強度が低下し、骨折しやすくなる病気です。加齢、閉経、食事でのカルシウム不足、運動不足などが原因です。骨粗しょう症の代表的な症状には、椎体の圧迫骨折による腰背部痛や背骨の歪みがあります。症状が進行すると、身長が2?4㎝縮んだりします。

 骨粗しょう症の最大の問題点は、骨折により要介護状態につながることです。

 骨粗しょう症は、生活改善により予防することが可能です。骨は運動で強くなります。日光浴も骨の強化につながるため、日差しを浴びながら散歩を積極的に行いましょう。運動は足腰の筋肉を鍛え、転倒予防につながります。また、食事では、カルシウムとビタミンDの豊富な食材を取り入れるようにしましょう。

 検診での骨密度検査により、骨の状態を知ることができます。骨粗しょう症が発見された場合、早期に治療を開始することが大切です。骨を丈夫にして、健康寿命を延ばしましょう。

鎌ケ谷市医師会

pagetop